厚沢部町

厚沢部町 館城跡

厚沢部町 館城跡


あっさぶちょう。檜山振興局(ひやましんこうきょく)桧山郡(ひやまぐん)にある町。語源(ごげん)は、アイヌ語の「ハチャムペッ<(さくら)鳥川の意味>」がなまったもの。
町の人口は平成(へいせい)23年9月30日現在(げんざい)4,504人。町花はツツジ、町木はクロマツ。
イメージキャラクターは「おらいも君」で、じゃがいもの種類(しゅるい)「メークイン」発祥(はっしょう)の地として有名な厚沢部町(あっさぶちょう)広報(こうほう)大使としてかつやくしている。また、「おらいも君」は(つま)の「さつきさん」、(むすめ)の「ポテコちゃん」の3人家族である。

主な産業(さんぎょう)は農業で、米やメークインを多く栽培(さいばい)している。ヒノキアスナロ(ヒバ)の木の北限(ほくげん)地で町面積(めんせき)のおよそ8(わり)が山林で、製材(せいざい)工場も多い。また、近年厚沢部町(あっさぶちょう)(さん)のさつまいもとメークインを原料(げんりょう)にした芋焼酎(いもじょうちゅう)の工場ができ、新しい特産品(とくさんひん)となっている。

北海道ではほとんど見られないゴヨウマツの北限(ほくげん)地帯(ちたい)があり、天然(てんねん)記念物(きねんぶつ)となっているほか、松前(まつまえ)(はん)城跡(じょうせき)館城(たてじょう)(あと)」が国指定史跡(しせき)となっている。

このページをいんさつする このページをいんさつする

関連する記事

最終更新日: 2011年 10月 20日

コメントをどうぞ!

とうこうのきまりをよくよんでコメントをかいてね!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL :

RSS
メール
このページのうえへ