元町

元町公園

元町公園

もとまち。

町の中心や、大きな町が起こった場所などに、よくこの町名が付(つ)けられる。

函館市(はこだてし)以外(いがい)にも、長万部町(おしゃまんべちょう)、乙部町(おとべちょう)、知内町(しりうちちょう)、八雲町などにもある。

函館市(はこだてし)の元町は1873(明治(めいじ)6)年に設定(せってい)され、江戸時代(えどじだい)には幕府(ばくふ)の箱館(はこだて)奉行所(ぶぎょうしょ)があった。その後、開拓使(かいたくし)の支庁(しちょう)や渡島支庁(おしましちょう)もできた。

現在(げんざい)では、教会、社寺、公会堂(こうかいどう)、学校、元町公園などがあり、観光客(かんこうきゃく)が多く訪(おとず)れる。
写真提供/函館市公式観光情報サイト「はこぶら」

このページをいんさつする このページをいんさつする

関連する記事

最終更新日: 2012年 5月 14日

コメントをどうぞ!

とうこうのきまりをよくよんでコメントをかいてね!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL :

RSS
メール
このページのうえへ