谷地頭町

やちがしらちょう。

函館市(はこだてし)の町名。谷地頭(やちがしら)という名前は江戸時代(えどじだい)からあった。

函館八幡宮(はこだてはちまんぐう)参道(さんどう)両側(りょうがわ)がじめじめした土地で、これを「谷地(やち)」と()んでいたことから生まれた。

じめじめした場所には、「谷地(やち)(まなこ)」と()ばれた水の()(あな)があり、この(あな)函館(はこだて)山の裏側(うらがわ)にある(あな)()洞穴(どうけつ)とつながっているという伝説(でんせつ)があった。

1873(明治(めいじ)6)年に正式に谷地頭町(やちがしらちょう)となり、明治(めいじ)14年にじめじめした湿地(しっち)()()てて住宅地(じゅうたくち)とした。

このページをいんさつする このページをいんさつする

関連する記事

最終更新日: 2012年 1月 10日

コメントをどうぞ!

とうこうのきまりをよくよんでコメントをかいてね!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL :

RSS
メール
このページのうえへ