イカ

イカは魚類(ぎょるい)ではなく、軟体(なんたい)動物で貝類(かいるい)仲間(なかま)函館市(はこだてし)では市の魚としてイカを制定(せいてい)している。

函館(はこだて)地方は昔からスルメイカの特産地(とくさんち)で、1859年の函館(はこだて)開港に(ともな)って徐々(じょじょ)(りょう)(さか)んになっていった。
()りによる(りょう)(さか)んで、現在(げんざい)集魚灯(しゅうぎょとう)を用いて全自動イカ()装置(そうち)(りょう)を行っている。

函館(はこだて)ではとれたイカを様々に加工(かこう)して特産品(とくさんひん)としている。代表的(だいひょうてき)なものには、塩辛(しおから)、イカ徳利(とっくり)、いかめしなどがあり、最近(さいきん)では函館(はこだて)朝市で食べることができる「イカ(おど)(どん)」が話題になっている。
近年、イカール星人も(あらわ)れ、イカの勢力(せいりょく)拡大(かくだい)しているようだ。

このページをいんさつする このページをいんさつする

関連する記事

最終更新日: 2011年 10月 18日

コメントをどうぞ!

とうこうのきまりをよくよんでコメントをかいてね!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL :

RSS
メール
このページのうえへ