函館公園

はこだてこうえん

函館公園

函館(はこだて)山のふもと青柳町(あおやぎちょう)にある北海道で(はじ)めて(つく)られた洋式庭園。1879(明治(めいじ)12)年に完成(かんせい)した。

明治(めいじ)中ごろに植えられた700本以上(いじょう)(さくら)満開(まんかい)になる春、正面入り口近くにある水遊びもできる噴水(ふんすい)広場が楽しい夏、紅葉(こうよう)が美しい秋、白いじゅうたんにおおわれる冬と、1年中楽しめる函館(はこだて)市民(しみん)に親しまれている公園である。

公園内には、乗ることができる日本最古(さいこ)観覧車(かんらんしゃ)(1950年製(ねんせい))もあるレトロ遊園地こどものくに、無料(むりょう)で楽しめるミニ動物園、函館(はこだて)市立博物館(はくぶつかん)がある。また、北海道では(めずら)しい小さな竹林も見られる。

このページをいんさつする このページをいんさつする

関連する記事

最終更新日: 2011年 10月 18日

コメントをどうぞ!

とうこうのきまりをよくよんでコメントをかいてね!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL :

RSS
メール
このページのうえへ